債務整理とは、多額の借金を負ったとき、多重債務に陥ったときに、債務者の再生させるいくつかの方法のことです。

債務整理の方法は自己破産、任意整理、個人再生、特定調停と4つにわけられますが、どの債務整理の方法が適しているかは、それぞれの債務内容(金額、取引年数など)や生活状況で決まります。

借金に悩んでいる方は、まずは、専門家に相談をしましょう。 破産申し立て,自己破産
破産申し立ての前に銀行口座の変更と引き出し

裁判所に自己破産の申立書を取りに行く前に、サラ金やクレジットカードの引き落としに利用している銀行口座からお金をぬいておくことです。
お金を入れたままにしておくと、勝手に引き落とされてしまいます。
自己破産の申立てをする直前に一部の債権者にだけ返済することは、裁判官への印象がよくありません。
公共料金の支払いは借金ではないので、支払っても問題はありません。
税金などについては、自己破産の決定がなされても免除されることはありません。

自己破産後も最低限の生活はできるように、手元にお金を残しておく必要があります。
破産手続き,申し立て
あなたの借金、支払い義務が消滅しているかも!? 詳しくはクリック!